語義と果たすべき役割

マーケティング・営業活動を行うに際して、一人ひとりの顧客に応じたコミュニケーションをするためには、それなりに膨大・煩雑な業務が発生します。マーケティングオートメーションは、そのような業務を自動化してくれるシステムなのです。

マーケティングの業界では、「リード」と呼ばれる見込み客の膨大な情報を一元管理するシステムに対するニーズが高まっています。リードの情報は、展示会出展やメディア出稿、リスティング広告、メールマーケティング、セミナー、テレマーケティングなどの手法によって得ることが可能です。

そのようにして獲得したリード情報などを、一括して管理することのできるのが、マーケティングオートメーションのシステムです。このシステムを有効活用すれば、社内のセクションだけでは対応しきれない情報の共有・分析が可能となり、ひいてはマーケティングの効率化・生産性の向上が実現するという訳です。

一人ひとりの顧客にマッチしたコンテンツを、適切なタイミング・チャネルで提供することは、マーケティング活動で高い成果を上げるための重要なファクターとなります。とは言うものの、そうした業務を人力で行ない、個々の顧客に見合ったコミュニケーションを、速いサイクルで実行するには、それなりのエネルギー・時間が掛かります。