含まれる機能の紹介

マーケティングオートメーションの機能の1つであるメールマガジン機能は、メールテンプレート作成・差し込み・一斉配信機能などによって構成されます。

次に、マーケティングオートメーションの機能には、それぞれのキャンペーンによって、ウェブ上の各種登録フォームやアンケートフォーム、ランディングページなどを自動的に生成・管理する機能もあります。こちらの機能を利用すれば、基幹システムなどとの間で、顧客のIDを連携することが可能なほか、各キャンペーンの定員や実施期限に応じて、締め切りなどの設定を自動化することができます。

また、マーケティングオートメーションには、マルチチャネルキャンペーン管理機能もあります。こちらの機能では、見込み客のフォローやキャンペーンの実施・管理を目的として、オンライン・オフラインを問わず、複数の手法を組み合わせてコミュニケーションを行ないます。

その他に、リード管理機能やスコアリング機能、CRM統合機能、ソーシャルツールとの連携機能が、マーケティングオートメーションの機能に含まれます。

マーケティングオートメーションは、その言葉のみならず、意味内容や果たすべき役割などを理解することで、持てる力を存分に発揮させることができます。

得られるメリットなど

個々の顧客に応じたコミュニケーションにかかる業務を、人力によって行う場合には、ヒューマンエラーが発生するリスクが存在します。さらには、各セクションの担当者が、反復作業やルーティンワークに従事すると、マーケティング戦略の策定・分析に集中して取り組むことが難しくなるという問題があります。

それらの問題は、マーケティングオートメーションのシステムによって解決することが可能です。シナリオの策定や意思決定の業務ではなく、反復作業やルーティンワークの業務はシナリオ化し、マーケティング活動を自動化することができます。このシステムが完成すれば、人的な作業によるミスが減少するほか、各担当者が、本来取り組むべき業務に集中することができるようになります。

マーケティングオートメーションの機能の1つに、メールマーケティング機能があります。こちらは、あらかじめ策定したシナリオにしたがってパーソナライズしたメールを、対象セグメントにリストアップされた顧客に対して自動配信する機能になります。コンバージョンを促進したり、効率的に見込み客を育成したりするためには、パーソナライズしたメールをタイミング良く自動配信するのが効果的です。